ごあいさつ

昭和30年代の後半、世界貿易振興を目的とし、且つ陸海空の交通網を立体的に集約する総合センターの建設の必要性が、経済界から強く叫ばれ、この実現のために、広く経済界の支援を得て建設計画を推進するべく、日本・東京商工会議所を母体として、昭和39年12月に当社が設立されました。その後、財界・諸官庁・金融機関をはじめ、地元各位・テナント・建設工事各社の協力を得て、昭和45年2月に世界貿易センタービルは竣工いたしました。

世界貿易センタービルは、JR及びモノレール浜松町駅や都営地下鉄浅草線・大江戸線大門(浜松町)駅など主要駅に接続し、大規模駐車場や都心有数のバスターミナルを備え、更に羽田空港が国際化されたことによりまして、益々各交通機関の結節点として重要性が増しております。入居するテナントは貿易関係機関をはじめ、多数の企業や団体、さらには金融機関・メディカルセンターから小売店・飲食店などさまざまであり、ひとつの街とも言える多様なサービス機能を有しております。また、当社が加盟する世界貿易センター連合傘下にある海外各地の世界貿易センターとの連携によって、国際取引や国際交流の場としても広く利用されています。

当社ではこの機能を十二分に発揮させ、近年の大型新築ビルに引けを取らない、より快適な業務空間を提供するために、全面的な設備再構築工事(リニューアル)を実施した他、急速に進展する高度情報化への対応も怠りなく行っております。さらに、地球規模の課題となっている環境負荷低減への対策も、世界貿易センタービルでは早くからコージェネレーション・太陽光発電設備等、省エネルギーシステムの導入を図るなど、積極的に取り組んでおります。

 当社は、この世界貿易センタービルの経営を中心に、都市再開発やマンション分譲などの不動産事業を展開するほか、ブライダル事業をはじめとする様々な直営事業にも意欲的に取り組んでおります。中でも、世界貿易センタービルに次ぐ大型ビルの建設が当社における長年の課題でありましたが、平成19年に、東京都「都市再生特別地区」第一号に指定された「大崎西口再開発計画」に基づき、「ThinkPark Tower」を竣工いたしました。ここには、当社が長年にわたり培ってきた大型コンプレックスの運営管理のノウハウが集約されております。また、建設のデザインコンセプトとして「グリーン・アーバニズム」を標榜し、敷地内に広大な緑地を創出いたしました。現在社会問題のひとつとなっている都市部のヒートアイランド対策にも、役に立てるものと確信いたしております。

このように当社は、不動産事業をはじめとする多角的な事業活動により、多様化する社会のニーズに対応し、街とともに発展していく地域創造型の事業を展開するとともに、世界の平和に貢献できる企業として、今後も一層の努力を重ねてまいります。

代表取締役社長
宮﨑 親男

企業情報
  • ごあいさつ
  • 企業情報
  • グループスローガン/ステートメント
  • グループ企業理念
  • 沿革
  • エリア紹介
  • リンク集

アクセスマップ

会社案内PDF ダウンロード

ページ上部へ